リンクアンドサポート株式会社

MENU

カテゴリー :

リピートカウンセリング

ヤル気がイマイチなお客さまへの対応術

今日はサロンの接客の話です。

サロンにいらっしゃるお客さまで

イマイチやる気がない・・というか

主訴(目的)がイマイチはっきりしない方って

いませんか?

 

「なぜ、来店したんだろうか?(^_^;)」・・と

私も何名様かこのようなお客さまを対応したことがあります。

 

 

ただ、今日はそういったお客さまだけではなく、

「あなたのサロンのリピート率を上げる」方法をお伝えするので

ぜひ最後まで読んでくださいね!

 

主訴がはっきりしないお客様に対して・・

主訴がはっきりしない方こそ

必要なことがあります。

それは、お客さまへの「質問」です。

 

お客さまに質問をすればするほど

主訴がハッキリとしてきます。

 

ボンヤリしている感じの方や

笑顔があまりない方・・

めちゃくちゃ

やりにくいですよね・・。。

 

でもそれでも質問をした方がいいです。

どうせコミュニケーション取ってもらえないなら

練習と思って

お客さまと会話をしたほうが

得るもののほうが大きいです。

 

あなたと合わないお客さまに対応して

疲弊するよりも

失客してもいいから、

あなたの質問でお客さまの主訴を引き出せる力を身に着けて

よりお客さまのためになるサロンになるほうが大切ですよね^^

それに、たまたま

そのお客さまは「今日だけ」機嫌が悪いだけかもしれません。

 

具体的な質問方法とは?

このような方の場合

最初のうちはクローズドクエスチョンでOK

クローズドクエスチョンとは、

YESNO で答えられる質問ですね。

「今日朝ごはんは食べましたか?」

とか、そんな感じです。

 

なるべく「YES」が取れる質問を

多く取るといいです。

そしてそこから、掘り下げしていくのです。

「マックスのお疲れが10だとすると

今のお疲れ具合はいくつですか?」と。

これも答えるのは楽ですよね^^

「6くらいです」と答えたら

「すこしお疲れ気味ということでしょうか?

 ちなみに体の部位もお聞かせいただきたいのですが、

 今はどこが1番お辛いですか?」

と聴いてください。

 

オープンクエスチョンでより主訴を引き出そう!

すこしずつ答えてくれたようになったら

一歩踏み出して

「オープンクエスチョン」をしましょう!

 

 

「どんな時、どんな作業をしているときに

1番お辛いですか?」と。

 

すこしずつオープンクエスチョンをいれていくことで

お客さまの本当の目的がわかってきます。

お客様自身も実は、

あまりわかってないままに

来店していることもあるんですよ^^

セラピスト側が上手な質問をしていくれると

自分の主訴に気づいてくれるのです。

 

 

オープンクエスチョンの方が

お客さまのニーズ、悩みを聞き出すことができます。

 

その情報そのものが

ネット集客に生かされます。

あなたの質問力がすべてです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

あなたの質問力で売上・集客が決まってしまう。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

お客さまと適切な質問を通していけば

 

お客さまから

「それ続けたいです!」

「次回予約したいです!」

「チケット買いたいです!」

と言ってくれます。

ぜひ実践してみてくださいね^^

 

ぶっこんだ質問もやってみよう!

 

最後に、

機嫌がイマイチなお客さまとか

コミュニケーションを図ろうとしてくれないお客さまへは

ぶっこんで質問をしてみてください。

「私からみて、

すこし元気がないように見えるのですが、

何かございましたか・・?」と。

お客さまの態度が気になるなら

聴いたほうがいいんです。

その方がスッキリしますよ^^

お客さまもそう言われると

「あ!大丈夫です」とか

「実は・・」とか

結構話してくれます。

なので勇気を持って質問をしてみてくださいね^^

鈴木夏香

リンクアンドサポート株式会社 代表取締役

鈴木夏香natsuka suzuki

個人起業家の経営を“科学”で“デザイン”する。リンクアンドサポートは、個人や個人を越えての「繋がり」を生み出し、その繋がりから新しい価値やビジネスを創造し、広げていくことで明るい笑顔溢れる社会に貢献する会社です。

  • LINE@ お友達登録は
    こちらから

    LINE@ お友達登録
  • 女性起業家向けメルマガは
    こちらから

    女性起業家向けメルマガ